こどものプログラミングスクール

ロボプログラミングキャンプ申し込み GW開催は終了しました。次回開催でお会いできる事を楽しみにしてます。

体験レッスン申込み、お問合せなど



5月度の体験レッスン(大阪柏原教室)

5月26日(日)14:00~ 必ず事前予約が必要です。 

・ちびっ子ロボプログラミングコース(小学校1年生~)

・ロボットプログラミングコース(小学3年生~)

 

 少人数での開催です。満席になり次第締め切ります。(26日11:00締切)

※その他のコースでの体験希望はお電話(072-959-2088 )もしくはこちらよりお申込み・お問合せください。

申込フォームでご希望のコースをお選びください。

※開催場所は大阪柏原教室になります。


(東京都港区での出張プログラミング教室)

 


すまいる・キッズ  ロボプログラミングキャンプ 開講(終了しました。)
次回は夏休みに開催予定です。

5月2日~5日 藤井寺本校で開講

GWの10連休どんな風に過ごす予定ですか?

すまいる・キッズではGWの後半にプログラミング・キャンプを行います。

1レッスンからでもOK、1日コース、4日コースもありますのでご都合に合わせてご受講ください。

通常当教室では会員様向けコースしかありません、このチャンスを逃すと次は・・・ この機会にぜひおこさんにプログラミング学習を! 

お申し込みはお電話(072-959-2088)または申し込みフォームより


なぜ プログラミング学習?

このページにお越しになった方は、小学校の教育課程で取り込まれることになった、お子さんのプログラミング教育について関心がある、またはいろんな教室を比較検討している方だと思います。

 

Whyプログラミング学習そんなタイトルの厚切りジェイソン氏 NHKの番組がありました。

 

なぜ?プログラミングと思われている方も多いとおもいます。教育課程にプログラムングと取り入れられる事になったきっかけには、諸外国と比較して、日本のIT全般を含めたコンピュータプログラミング学習の取組の遅れとプログラミングを作るうえでの物事を考える順序(プログラミング思考や論理的思考といわれている)が重要とされています。

 

私なりの意見ですが、国際化とAIの普及が進み、激し変化が起こる近い将来、文化や宗教的背景が異なる様々な人ともコミュニケーションを取りながら、物事を進めてゆき、目標を達成する。

そのための「思考的習慣や能力の習得」を学ぶ手段としてのプログラミング学習と私はとらえています。(こどもプログラミング教室 すまいる・キッズ 西尾茂和)



【スタンダードレッスン】学習メニュー

基礎のプログラミングコース

(小学校2年生 から)

 

ロボットプログラミングコース 

(スタンダード・エキスパート)

(小学校3年生 から)

 

ちびっこロボ・プログラミング(自考力キッズコース

  脳力開発パズル・ロボット・プログラミング・パソコン基礎の週替わりで飽きずに学びます。

(小学校1年生 から)

 

自考力キッズ準備コース

  隔週 1時間のゆっくりペースで、集中力をのばし、パソコンやプログラミングになれるコースです。

(年長 から)

 

プログラミング for Pepper (集合形式レッスン)

 実際に人型ロボットをつかって、AIに触れながら、プログラミングとIT全般を学びます。

(小学校3年生 から)

 

キッズパソコン コース

 それぞれの学年や経験、能力に合わせてパソコン全般を幅広く学びます。

(小学校1年生 から)

 

デジタルそろばん+数トレ コース

  数トレの蔭山先生が監修パソコンを使った集中力と計算力を鍛える新しいそろばん 

(年長 から)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロボットキットやパズルのキットの購入が必要  ロボットキットなどの購入は不要

詳しくはそれぞれのページをご覧ください。

選択に悩んだらこちら → コース選択のヒント

 


すまいる・キッズの理念

プログラミング学習をとおして、自ら学び、考え、行動する。挑戦と失敗を繰り返しながら論理的思考習慣を育む。

当教室にお越しになられたお子さんには、新しい取り組みに楽しくて、テンションが高い最初の3か月(年齢などの個人差はあります。)にやりたい気持ちに少しブレーキを引きながら、自分でテキストの要点を読んで、理解して進める。「なぜ」そうなるのか、「なぜ」そうするのかを説明できる様に、しっかりと自分でテキストを読んで、進める様に、ぴったりとスタッフが寄り添って、「学び方の刷り込み」を行います。

何となく、テキストのプログラムを丸写しして、「出来た出来た」と楽しいだけでゆきすぎてしまうと、自分で考えて乗り越える事が出来なくなり、壁にあたって乗り越えられず、やる気も集中力もなくなってしまいます。

スタッフにも徹底していますが、最初にしっかり自分で学ぶスタイルを刷り込んで、自分で考えて進めていける形の刷り込みを「楽しい時期」に繰り返し行ないます。


発表と質問を大切に!

こども「センセー!ロボット 動かへん!」

スタッフ「なにが動けへん、なんで動けへんのか、見つけられるかな? 電池のスイッチ入っている?、線のつなぎ方間違えてない? プログラムは見てみた? もう少し調べてみようか!」

「もうちょっと調べても動かなかったら、これと、これと、これをやって、調べたけど、でも動かないって 聞けるかな?」

    

自分の今の状況も伝え、相手に自分が何を知りたいのかが、分かる様に質問する

やり取りをしつこく何度も繰り返します。

自分の思う、答えが欲しければ

相手が答えやすい様に質問をする。

適当な質問の仕方をするたび、何度も何度も質問を繰り返してもらいます。

 

レッスンの最後には発表の時間があります。

発表に時間には、楽しかったことや発見したことを話してもらいます。

 

こども「今日はうまくいかなかった!」

スタッフ「何がうまくいかなかった?、うまくいかなくて、どうなるハズのが、どうなってしまった?、それは解決できた?」

 

レッスンの最後の発表の時間それぞれの年齢に応じた内容でいいのですが

上手に話すよりも

相手に伝わる様に話す

練習を繰り返ししています。

 

自分の思いを伝え、相手とのコミュニケーションを円滑にする

プレゼンテーションを重視しています。


すまいる・キッズが選ばれる理由

  • レッスン日数の設定が多く、教室をまたがってもレッスンの振替ができる。
  • 教室開放日があり、一回のレッスン時間も長く学んだ事を工夫してオリジナルを試す時間が用意されている。
  • 競技会へ積極的に参加し、成績も収めている。
  • 幅広いレベルや年代ののこどもたちが、一緒に学ぶ事で刺激が多い。
  • Pepperやアリロなどロボットもいて、環境が非常によい。(藤井寺本校)
  • 発表会や競技会を独自に企画してこどもたちの発表の場を用意している。
  • すこし金額が高く感じるが、学べる時間が長く結果割安!

Pepperはこどもたちからシニアまでみんなに愛されてます。


開講スケジュール

火曜日 

毎週   15:00~ デジタルそろばん  

毎週   17:00~ キッズパソコン

 

水曜日 

毎週   16:00~ ちびっこロボプログラミング(自考力キッズ

1/3週 17:30~ エジソンアカデミー(ロボットプログラミング)

2/4週 17:30~ 基礎のプログラミング

 

木曜日 

毎週   17:00~ ちびっこロボプログラミング(自考力キッズ)

 

金曜日 

毎週 15:00~ デジタルそろばん

毎週 17:30~ キッズパソコン

 

土曜日 

毎週 15:00~ ちびっこロボプログラミング(自考力キッズ)

1/3週 16:30~ プログラミング for Pepper

2/4週 16:15~ エジソンアカデミー(ロボットプログラミング)

    

日曜日 

2/4週 8:45~ 自考力キッズキッズパソコンデジソロ 振替クラス

1/3週 10:00~ エジソンアカデミーロボットプログラミング(Licはびきの教室

1/3週 10:00~ ちびっこロボプログラミング(自考力キッズ)Licはびきの教室

2/4週 10:00~ エジソンアカデミー(ロボットプログラミング)

2/4週 13:30~ エジソンアカデミー(ロボットプログラミング)大阪柏原教室

2/4週 13:30~ ちびっこロボプログラミング(自考力キッズ)大阪柏原教室

     

 

詳しくは開講スケジュールをご覧ください。

  


すまいる・キッスもアドバンスコースで出場した URC2018全国大会 決勝大会 (大阪大学)


自ら考え、チャレンジと工夫を繰り返す場の提供

自ら考え、自ら学び、自ら行動し、チャレンジと工夫を繰り返し、ゴールを目指す。

そんな普段の学びを発揮する機会を積極的に作っています。


URC小中学生のための国際ロボット競技会へ参加

2017年 大阪会場 アドバンスコース 優勝

2018年 近畿予選 アドバンスコース 優勝 全国退会出場 

 

ERCロボットプログラミング競技会・発表会開催

大阪府下の有志の教室が集まり、こどもたちの成果発表の場を実行員会を組織して主催しいます。

  • 2016年 夏 競技会 in 同志社中学校
  • 2017年 春 発表会 in 藤井寺パープルホール
  • 2017年 夏 競技会 in 大阪桐蔭中等学校 
  • 2018年 春 競技会 in 四天王寺中学校 
  • 2018年 夏 競技会 in 清風中学校
  • 2019年  春 発表会 in 追手門学院大手前中高等学校 

教室内プチ競技会、プチ発表会の開催

大きなイベントだけでなく、教室内でもプチ発表会、プチ競技会を開催、保護者のみなさまやこどもたちから、たくさんの賛同を得ています。


習い事なら~プログラミング!無料体験レッスン 

 

大阪柏原教室  ロボットプログラミングコース&自考力キッズ(新1年生~) 

  • 3月10日  14:00~ 
  • 3月24日  14:00~ 

藤井寺本校  ロボットプログラミングコース&自考力キッズ(新1年生~) 

  • 3月17日  13:30~ 15:30~ 

Licはびきの教室  ロボットプログラミングコース&自考力キッズ(新1年生~)  

  •  3月17日  10:00~

 予約制 ご予約・お問い合わせは 

 お電話 0729-30-5252(パソコン教室スマイル・カフェ)

 問い合わせお申込みフォーム

 

上記以外のお時間、またはその他のコースでの体験のご希望は別途お問合せください。

 


こどもプログラミング教室 全国キャラバン東京大会Final

東京港区のクリエイティブキャスト様で開催

すまいる・キッズの塾長 西尾も こどもたちのプログラミング教室のお手伝いに行ってきました。





こどもにプログラミングを学ばせてみませんか?

次のような項目にひとつでも当てはまるのでしたら、ぜひご検討ください

  • こどもの将来、コンピュータや人口知能の事を知らなくては困るのではないか?
  • 「大学入試共通テスト」でも「プログラミング」が科目として検討されています。
  • こどもが「大好き」な事の「能力」を伸ばしてゆきたい。
  • こどもがレゴブロックで遊んでいるとと、すごく集中している。
  • 「考える力」と「トライ&エラー」を繰り返しながらも、粘り強く達成する力をつけさせたい



プログラミングを学ぶ事で、国際化社会でのコミュニケーション能力を磨く

プログラミングはコンピュータが正しく動作する様に、正しい順番で、すべてを(プログラミング)言語や数値で伝えなければなりません。

 

日本人同士や仲間同士のコミュニケーションの様に暗黙知はなく、阿吽の呼吸では伝わりません。

 

文化の違う人たちとのコミュニケーションが必要なグローバル社会では、プログラミングの様にコミュニケーションをする必要があります。 

 

こちらのブログにも詳しく書いています。 

(プログラムを学ぶ事の意味?)

 

 

プログラミングを学ぶ事で 論理的思考習慣を鍛える

現状を理解→目標の設定→行動を起こして→達成する 思考習慣。 プログラムを作るときには、出来上がりをイメージして(目標設定)そこへ進みます。 うまくいかないとテストをして、現状を把握して、対策を立て、試行を繰り返し 目標へ近づいてゆきます目標を達成するための小さなプロセスを繰返す思考習慣を楽しみながら学びます。


すべてがインターネットでつながった変化の多い社会で生きる力を!

  • こどもたちが社会に出た時、ビジネスの世界ではITテクノロジー無しには成り立ちません。その基礎的な考え方をプログラミングやパソコンを使う事で学ぶ事が出来ます。

  • 多くのベンチャー経営者は、自らプログラミングをする、もしくはその知識をもっていて、ビジネスプランを考えるます。

  • プログラミングを「正しく」学んだ場合は、創造的発想力に加えて、論理的思考力も身に付きます。

  • 今後のグローバル社会では英語よりもプログラミング能力が求められる場が拡大していくと思います」 サイバーエージェント代表取締役・藤田晋氏 GooNewsより引用

コンピュータ教育、プログラミング教育に関して、日本は完全に世界の中で後れを取っています。そんな背景もあって、小学校での学校でのプログラミング教育の義務化や大学入試で取り入れられることになりました。
しかし小学校の現場では英語の必修化や長い労働時間の問題もあり十分な学習が望めないと思われます。(特に公立の小学校では)プログラミングの学習はコンピュータに精通した、パソコン教室で学ぶ事をお勧めします。当教室ではスタッフは全員プログラミング経験者です。


こどもプログラミング教室 すまいる・キッズ

プログラミング教室5年目 約50 人のこどもたちが学んでいます。

URCロボットプログラミング競技会2018 近畿大会!


何度も繰り返しになりますが…すまいる・キッズのここがポイント!

【自ら気づき、学ぶ 行動する。自律した論理的思考習慣を目指します。

ただ単にプログラミングを「教える」「教えてもらう」のではなく、自分で設計図(テキスト)読み解き、発見し、試行錯誤を繰り返す思考習慣をプログラミングを通して身に着けます。

 そして質問する時は「何が分からないのか」「何を教わりたいのか」相手に伝わる様に、質問の仕方も繰り返し身に着けます。

 

 【インプットとアウトプットを鍛えトレーニングを取り込んでいます。

できる限り、自分で設計図を読み取って進めてもらう事で、自分が今やろうしている事の意味を理解して進めてもらってインプットである読解力がつくように進めています。

質問は「何が知りたいのか」、「何がわから無いのか」を相手に伝わるように行う質問の練習しています。

そして、レッスンの最後には、楽しかったことや発見の発表時間

読解能力、質問力、プレゼンテーション能力をいったインプット/アウトプットを鍛える練習も取り込んでいます。 

 

【パソコン操作とロボット組み立てとプログラミングを同時に学べます。

ロボットを組立て → パソコンでプログラミング → ロボットとパソコンを通信させて命を吹き込みます。作ったプログラムはUSBメモリに保存!

ロボットを動かすことに夢中になりながら、パソコンの基本操作を習得してゆきます。

  

【学びを応用し、オリジナルのアイデアを武器に「本気で挑戦する」ステージを用意

本気の涙、輝く笑顔、ほっとした表情 

プログラミング競技会やロボット発表会に積極的に参加します。こどもたちの真剣を引き出します。毎月一度、教材を離れて、自由に捜索に取り組む教室開放日を用意しています。

 

【プログラミング経験者やITエンジニアスタッフが教えています。

 教室長はITエンジニア歴20年以上でプログラミングの経験者、スタッフもプログラマとしての職業経験があるものや、現役の情報工学部の学生等、実際にプログラミングの経験があるスタッフがこどもたちの成長をサポートします。 デジタルそろばんのスタッフはITの資格も持つ、そろばん有段者です。


お問合せは 資料請求 体験申込はこちら  072-959-2088 / 申込ページ 

 お子さんの習い事を探している保護者のみなさん 

体験レッスン受付中です。

  • ロボットプログラミング 通常コース(小学3年生~)
  • ロボットプログラミング 小学1-2年生コース(自考力キッズ)
  • スクラッチ(SCRATCH)プログラミング(ゲームプログラミング)コース
  • ロボット・プログラミング for Pepper
  • デジタルそろばん(デジソロ)
  • キッズ パソコンコース

体験レッスンを随時受付しています。 072-959-2088 もしくは

体験レッスン受付フォーム

 どのコースがいいのか、悩まれた方はコース選択のヒントをご覧ください。 


藤井寺、大阪柏原、羽曳野、松原、河南町、八尾や天王寺方面からもお越しです。


キッズのプログラミング・パソコン学習メニューを用意しています。

小学3年生~

エジソンアカデミー
エジソンアカデミー

小学2年生~

スクラッチ
スクラッチ

年長~小学3年生

自考力キッズ
自考力キッズ

小学1年生~

こどもパソコンスクール
こどもパソコンスクール


2020年小学校の学習要綱が変わる プログラミング教室 ロボット 大阪 藤井寺 柏原 羽曳野 

今日の楽しかった事と、今日の発見

 どんな習い事をしても発見はあると思います。

大切なのは自分の言葉で発表する事

レッスンの最後に発見した事と楽しかった事をみんな順番に発表します。

自分の思っている事、考えている事を、発表する練習です。

 数か月経つと、こどもたちは先を競って手をあげます。

 途中うまく行かなくて、泣きそうになって頑張っている

 こどもでも、それが納得いく結果ではなくても、つまずいて立上がる事が出来たら、そのうまく行かなかった原因を、発見として発表します。 
不思議とみんな、そうなってきます。プレゼンテーションは相手に自分の思いを使え、自分の期待する行動をおこしてもらう大切なコミュニケーションのトレーニングです。








072-959-2088

(パソコン教室 スマイル・カフェまで)






こどもパソコン塾 すまいるキッズ

無料体験レッスン 

随時受付しています。

072-959-2088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコン教室 スマイル・カフェ内

072-959-2088

staff@keep-on-smiling.jp

583-0034

大阪府藤井寺市小山藤の里町14-1


ロボットプログラミング カップ ダイジェスト 2016年8月5日 同志社中学校

当教室からも2チームが参加し、大いに検討しました。ピンク色のTシャツのチームです。